イメージ画像

蒲田 浮気調査

蒲田は、東京都大田区にある「蒲田駅」周辺の一帯を指す、人口約6万人を有する地域です。以前、この一帯が沼地であったことから、泥深い田地という意味の「蒲田」やアイヌ語の沼の中の島を意味する「カマタ」など地名の由来は諸説ありますが、平安時代中期に作られた辞書「和名類聚抄」にも記載のある古くから存在する地名です。同地にはかつて「松竹キネマ蒲田撮影所」が存在し、映画の都として全国的に名を知られていましたが、現在でもよく知られている曲(及び映画)「蒲田行進曲」は、もともと外国の曲に日本語歌詞をつけ、同所のテーマ曲のようなものとして生まれたようです。ちなみにこの曲はJR線蒲田駅の発車メロディに使用されており、駅西口では毎年「蒲田行進曲フェスタ」が開催されています。中小規模の工場、住宅地も多いですが、駅付近には都心以外の地域の中では有数とも言える大きな繁華街・商業地域が存在し、ラブホテルやパチンコ・スロット店が密集している場所もあり、大田区内において最も商業的に発展していると言えます。興信所の素行調査や浮気調査においても、対象者や不倫相手が訪れた場合、ショッピングやデート・ラブホテルの利用などで訪れる機会が多い街と言えるでしょう。
この地域の中心となる蒲田駅にはJR線と東急線が乗り入れており、ともに利用客数は各線の上位に位置しています。同駅周辺は、オフィス街と商業地域で構成されており、東口には大田区役所を始めとする行政関連施設が多く、約800m離れた京急蒲田駅にかけて商店などが続いており、西口には大型雑貨店「ユザワヤ」の他、全蓋式アーケード商店街の「サンライズ」「サンロード」が広がっていますが、東口の複合ビルの「アロマスクエア」がランドマークの一つとなっています。同所は日本最大の香料メーカーである高砂香料工業の工場跡地に造られたことから名付けられました。同所には区民ホールの「アプリコ」と「本蒲田公園」が隣接しており、大田区ではこれらを総称してアロマスクエア街区と呼んでいるようです。「アプリコ」では演劇やコンサート、公演などが数多く行われており、オフィスフロアの他、カフェやファストフード店、飲食店もテナントとして入居しています。また、映画「キネマの天地」で使用された松竹橋のレプリカなど松竹蒲田撮影所にゆかりのある物が展示されています。また、駅ビルの「GRANDUO」や同店と駅に直結するショッピングセンター「東急プラザ」などの商業施設には、衣料品店やカフェ、レストランなど多くの店舗があり、ショッピングや食事には適しています。ちなみに東急プラザの屋上には遊園地「プラザランド」があり、サイズは小さいですが都内で唯一の屋上観覧車があります。同所には観光名所やデートスポットと言える場所はありませんが、興信所が行う浮気調査や素行調査では、上記のような場所に対象者や不倫カップルが訪れて調査地となることも考えられます。
 浮気調査と素行調査との違いは、不貞行為の有無の確認、及び証拠収集が最重要目的であることです。例えば、興信所調査員によるラブホテルに出入りする対象者と不倫相手の様子の撮影は、不貞行為を推認する証拠となります。同じく、シティホテル・旅館などの宿泊施設に宿泊したという事実も証拠に該当します。駅周辺には多くのラブホテルの他、「三井ガーデンホテル」や「ビスタホテル」など複数のホテルが存在しており、対象者や不倫相手がいずれかの施設で休憩や宿泊をする可能性はあるでしょう。また、対象者・不倫相手のいずれかが独身もしくは別居でこの地域に単身で居住しており、その住居に二人で宿泊した事実も証拠とすることが可能です。

このページの先頭へ