イメージ画像

流山市 浮気調査

流山市は、千葉県北西部に位置する人口約16万6千人を有する都市です。県内では第9位の人口を有しています。明治時代には、千葉県北西部・埼玉県東部・茨城県西部で構成される葛飾県の県庁が流山市内に所在していました。
「都心から一番近い森の街」をスローガンにし、「グリーンチェーン戦略」というものを行っています。これは開発により失われた緑を回復する取組みを連鎖させることで、緑豊かな街全体の環境価値を上げていこうとするものです。
同市の地名の由来ははっきりとはわかっていませんが、市内にある赤城神社には、群馬県赤城山の土が洪水で流れ着き小さな山ができたことから流山と名付けられた、という伝説があります。
全体的に住宅地と農地が多く見られますが、つくばエクスプレスの開通により、市外から移り住む人も増え、開発が進み、人口も増加してきています。
同市が主に都心のベッドタウンである性質から、興信所の素行調査や浮気調査に関係する場合は、主に対象者や不倫相手が同地域に居住先があるケースが多いと思われます。

同市の中心と言える場所は、つくばエクスプレスと東武野田線の接続駅である「流山おおたかの森」駅であり、一帯は開発・整備が進められています。おおたかの森とは、絶滅危惧種のオオタカが生息する森があることから名付けられたようです。この森周辺は国内初の都市保全林「県立市野谷の森公園」として整備が行われています。
同駅内には駅ナカ施設の「TXグランドアベニュー」の他、駅前には市内では平和台駅付近の「イトーヨーカドー流山店」に次いで造られた大型ショッピングセンター「流山おおたかの森SC」があります。同施設にはタカシマヤフードメゾンやロフト、約130以上の専門店、シネマコンプレックスなどが入店しています。ちなみに同ショッピングセンターはグリーンチェーン戦略に沿って、豊かな緑の価値を損なわない環境に配慮した施設として建てられています。
同市の名所の一つに、江戸川と利根川を結ぶ人工河川「利根運河」があります。利根運河はオランダ人技術者ムルデルにより設計・工事された国内初の西洋式運河でもあります。東武野田線運河駅付近の「利根運河水辺公園」や「眺望の丘」では桜並木が満開になると一部でライトアップが行われるなど花見の名所になっています。
他では、歴史上の人物が関係する名所がいくつかあり、縄文時代後期の人が住んでいた遺跡があり、平安時代の武将である源義家が馬を献じたとの言い伝えがある「諏訪神社」、新撰組の近藤勇が最後に陣を置き、自首した場所である「新選組流山本陣跡」、俳人の小林一茶が第2の故郷として過ごしていた「一茶双樹記念館」などがあります。
同市のイベントとしては、8月に開催され、花火と音楽をシンクロさせたザ・スカイミュージカルが見所の「流山花火大会」、11月に開催される「流山市民まつり」が代表的なイベントです。
興信所の素行調査・浮気調査において、流山市ではこのような場所やイベントを目的として対象者や不倫カップルが訪れる可能性も考えられます。

素行調査と似ていますが、興信所の浮気調査では不貞行為の有無の確認や不貞行為の証拠収集が最も重要な調査目的です。仮に対象者と不倫相手がラブホテルに出入りした場合、その様子を撮影したものは不貞行為の証拠となります。二人でホテルやどちらかの自宅(居住先)などに宿泊した場合もほぼ同様です。
同市内ではラブホテルなどの宿泊施設は数店舗点在している程度で、対象者たちがいずれかの宿泊施設を利用する可能性はありますが、どちらかというと不倫カップルのいずれかか単身で同市内に居住先を持っており、その住居に二人で宿泊したり、もしくは同棲しているというケースの方が多くなると想定されます。

このページの先頭へ