イメージ画像

目黒 浮気調査

目黒は東京都23区の西側やや南に位置する街です。地価が高く高級住宅地もあり東京の中でも治安のよい地域とも言われてます。また、単身居住者率が比較的高くなっているという傾向もあるようです。 目黒と言えば、JR線・東急線・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線の「目黒駅」が思い浮かびますが、同駅は区内ではなくわずかに東にずれている位置にあり品川区の所属になります。ちなみに品川駅が港区に属しているという類似のケースもあります。
 興信所による浮気調査や素行調査が同地域に関係するケースとしては、対象者や不倫相手の居住地がある、オフィス街に勤務している、デートなどの目的地等として登場するケースが想定されます。 地域内の東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」を中心とする一帯は、略して「ナカメ」とも呼ばれる人気スポットです。 同駅周辺には複合施設「ゲートタウン」があり、ショップや飲食店が15店舗ある他、駅前広場や多目的ホール・公共図書館・オフィス・住居棟などが集まっています。地上45階建ての超高層マンション「アトラスタワー」は同地域のランドマーク的存在です。同所を中心とした再開発地区「ナカメアルカス」には商業施設やテナントビルがあり、ショップや飲食店・オフィスが入居しています。 さらに、駅付近を通る山手通り沿いにもお洒落なカフェ・ファッション・雑貨店や人気飲食店が建ち並んでいます。基本的に周辺は静かな住宅街であり、住みたい街としての人気もあります。また、付近を流れる目黒川では、東急線池尻大橋駅方面まで続く桜並木があり、花見の季節には多くの人で賑わいが見られています。興信所の浮気調査や素行調査の対象者や不倫カップルにとってはデートやショッピングで楽しめる場所と言えるでしょう。 ちなみに目黒駅は不倫調査や素行調査などでも利用されることの多い駅です。同駅には駅ビル「アトレ」の他、周辺には商店街やオフィスが広がっています。 徒歩圏内にはデートスポットの一つである「東京都庭園美術館」があります。「東京都庭園美術館」は皇族の朝香宮家が暮らした邸宅であり、同家由来の建物・家具や内部装飾を展示しています。また、庭園には芝生広場、日本庭園、西洋庭園があり、季節ごとに咲く花を観賞することができます。 これらの場所には興信所の浮気調査の対象者達がデートで訪れることも十分考えられます。 地域の名所として挙げられるものに「瀧泉寺」があります。不動明王を本尊とし、熊本の木原不動尊、千葉の成田不動尊と併せて日本三大不動の一つとなっています。一般には「目黒不動尊」と呼ばれることが多く、地名の由来になった場所との説もあります。毎月8日、18日、28日が縁日となっており、28日は出店も多く最も賑わっています。 その他、名物イベントとして目黒駅周辺で行われる「目黒のさんま祭り」「目黒のSUNまつり」の2つがあります。この2つのイベントでは、それぞれ岩手県宮古産と宮城県気仙沼産のサンマが焼かれて無料で振舞われたりします。
 浮気調査や素行調査の対象者が上記のような名所やイベントを訪れる可能性もあります。興信所の浮気調査では、不倫カップルのラブホテルへの出入りやホテルでの宿泊の様子などを不貞行為の証拠として撮影することが大きな目的になります。 同地域には、1980年代に回転ベッドなど豪華な設備や内装で有名ラブホテルになった「ホテル目黒エンペラー」などラブホテルがいくつかありますが、目黒駅周辺にはビジネスホテルも複数あり、また、対象者が同地域内に住居を持ち、単身住まいや別居中の場合は対象者カップルがその住居に出入り・同棲というケースも考えられます。

このページの先頭へ