イメージ画像

五反田 浮気調査

五反田は、東京都品川区に存在している地域です。正式に「五反田」という地名は存在せず、主に「東五反田」と「西五反田」を合わせた地域の総称です。江戸時代にこの一帯の水田が5反(約5000平方メートル)あったことが地名の由来と言われています。 この一帯は大手企業の本社も多く、ポーラやレナウン、学研、セメダイン、テーオーシーなどの本社が存在します。以前はソニーの本社への最寄り駅であることから「ソニー村の玄関口」とも呼ばれていました。現在はオフィス街の他、五反田有楽街とも言われる繁華街として発展しており、都内有数の風俗街である五反田駅付近には多くの風俗店やラブホテルが存在しています。 興信所の素行調査や浮気調査において同地域を訪れるケースは、対象者や不倫相手が繁華街へ遊びに行くことやラブホテルを利用するケース、もしくはいずれかの勤務先や居住地があるケースなど様々に考えられると言えそうです。
地域の中心となる五反田駅にはJR山手線・東急池上線・都営浅草線が乗り入れており、利用客数はそれぞれ数万~10万と比較的多い数字となっています。 JR駅に直結している複合商業施設「アトレヴィ五反田」があり、高級スーパーの成城石井や飲食店などが入店しています。また、東急線の駅はショッピングセンター「レミィ五反田」と一体化しており、ここには東急ストアが入店しています。心地よい開放的な散歩道をテーマとしており、吹き抜け空間になっている4階に駅改札が存在するという少し変わった造りになっています。浮気調査や素行調査の対象者がショッピングや食事をする場合はこのエリアを訪れることもあるでしょう。
 名所としては、地域内を流れる目黒川沿いが桜の名所として知られており、花見の季節には多くの人が訪れているようですが、他では東五反田にある区立公園の「池田山公園」が挙げられます。かつて江戸時代の城主である池田家の下屋敷があり、付近一帯の高台が池田山と呼ばれていました。同公園では池や滝を中心とした江戸時代の回遊式庭園が整備保存されており一般公開されています。 ちなみに池田山は高級住宅地となり、同公園から徒歩5分ほどの場所に、美智子皇后の実家で製粉業界最大手企業の創業者一族である正田家の邸宅もありました。その跡地は現在、区が所有する公園「ねむの木の庭」となっています。名前の由来は、美智子皇后が高校生の時に自作した詩である「ねむの木の子守歌」に因んで名付けられたようです。同公園は広さはありませんが、多くの樹木や草花が植えられており、英国から美智子皇后に贈られた濃いオレンジ色(または赤)のバラである「プリンセス・ミチコ」というバラを見ることができます。 興信所の浮気調査や素行調査で同地域を訪れた対象者や不倫カップルが、上記のような場所を目的地とすることも考えられます。
 興信所の浮気調査では通常の素行調査と異なる点として、最終的な目的が不貞行為の証拠収集となる点があります。例えば対象者と不倫相手がラブホテルに休憩などで出入りする様子の撮影は不貞行為の証拠と認められる他、シティホテル・旅館などに宿泊する様子の撮影したものなども証拠となります。 同地域には駅周辺にラブホテルが集まる一帯があり、他にもシティホテル「ゆうぽうと」「東興ホテル」やビジネスホテル「ホテルロイヤルオーク」「京王プレッソイン」「ホテルルートイン」など、不倫カップルがこれらを利用する目的で同所を訪れる可能性があります。また、対象者か不倫相手が単身や別居によりこの地域に居住している場合は、その住居に二人で向かうことも考えられ、その場合は住居への出入りの様子の撮影が重要となります。

このページの先頭へ