イメージ画像

下北沢 浮気調査

下北沢は、東京23区の一つである世田谷区の主に「下北沢駅」一帯を指す地域・街です。下北沢と言う地名は現在では存在していませんが、この地域はかつて下北沢村と名付けられており、その由来は特に沢が多い地域の北側下流であったことからと言われています。現在では「シモキタ」と略して呼ばれることもあり、若者の街・ファッションの街・演劇の街・音楽の街などとも言われ、主に若者たちの文化を形成してきた街の一つです。 下北沢駅周辺と東北沢駅前や池ノ上駅前では商業地域や商店街が広がっていますが、それ以外は主に住宅地で形成されています。商店街には大きなオフィスビルや商業施設はなく、迷路のように路地が入り組んだ中に、雑貨屋や古着屋、カフェ、中小規模の劇場やライブハウス、バーなどが建ち並んでいることも特徴です。新宿へは小田急線、渋谷へは京王井の頭線でそれぞれ約10分ほどで着くことができ、都心へのアクセスは比較的良いと言えるでしょう。興信所の素行調査や浮気調査においては、対象者や不倫相手の居住地であるケースやショッピング・デート目的で訪れる機会もある街と言えそうです。 下北沢の中心的な場所は駅周辺の商店街ですが、その中で知名度のある場所と言えば、多目的ホールの「北沢タウンホール(北沢区民会館)」が挙げられます。駅から徒歩5分の立地条件と使用料が安いため年間稼働率が90%を超えており、日本一忙しいホールとのあだ名が付けられています。同所では、演劇やコンサート、展示会、ボクシング、プロレス、格闘技イベントなど様々な催し物が行われており、カップルのデートなどにも適した場所と言えるでしょう。また、名所、シンボル的存在と言えるのが本多劇場グループの劇場「本多劇場」と「ザ・スズナリ」です。「本多劇場」は都内小劇場の中心的存在であり、人気劇団の公演が多数行われています。「ザ・スズナリ」は演劇を志す若者のための養成所として造られたのが始まりで、その後劇場となり、現在まで小演劇が行われて続けています。これらの劇場は同所が演劇の街と呼ばれるきっかけとなった名所と言えます。また、サブカルチャー系の本や写真集、 マンガ本などの書籍、CD・雑貨などが売られている「ヴィレッジ・ヴァンガード下北沢店」も非常に良く知られています。興信所が行う浮気調査・素行調査において、同地域では対象者や不倫カップルがデートなどで上記のような場所を目的地とすることが考えられるでしょう。 他に名所の一つに挙げられるものでは「北沢八幡神社」があります。同神社はもともとの下北沢村の中心と言える場所に造られ、世田谷区北辺の守護神とされています。同神社を中心に行われている「北沢八幡神社例大祭」はこの地区最大級のイベントです。毎年9月始めに開催され、同神社境内などに出店が並び、駅前や商店街を10台以上の神輿が練り歩きます。大いに盛り上がり、下北沢の一年の中でも最大の賑わいを見ることができます。
 興信所による浮気調査・素行調査では、このようなイベントに不倫カップルが訪れることもあります。 興信所での浮気調査の最も重要と言える目的は、「対象者の不貞行為の証拠入手」です。ケースとして考えられるのは、対象者と不倫相手がラブホテルに出入りする様子、及びシティホテルなどにチェックインし宿泊、次の日にホテルから出てくる様子を調査員が撮影するなどです。下北沢周辺ではラブホテルが数店舗存在しており、それらのいずれかを利用する可能性はあるでしょう。また、この地域は住宅も多く、対象者や不倫相手が単身住まいや別居中の居住先があることも考えられ、その場合は二人で居住先に向かうことが想定されます。

このページの先頭へ