イメージ画像

羽田 浮気調査

羽田は、東京都大田区にある人口約15000人を有する都市です。羽田と言えば真っ先に思い浮かぶのはおそらく「羽田空港」だと思いますが、住宅地や工場、漁業設備なども多い地域です。地名の由来は諸説あり、同地の形状が海老取川を挟んで鳥の羽のように見える田地であったことから、「埴田(はにだ=低湿地)」もしくは「墾田(はりた=開墾地)」が転じた、同地が鳥の羽が落ちる田であった、などの説があります。
興信所の素行調査や浮気調査を行った場合、羽田は対象者や不倫相手が旅行目的で羽田空港を利用する、もしくはある場所から飛行機に乗って同空港に来る、というようなケースが多いのではないかと思われますが、デートやショッピング目的で訪れたり、勤務先があるなど仕事関係で訪れる、対象者の居住地があるなど様々なケースがあるかと思われます。

前述の「羽田空港」ですが、一般的な認知のあるこの名称は所在地を元にした通称で正式には「東京国際空港」と言います。同空港は浮気調査や素行調査では海外へ旅行に行く対象者やカップルなどに利用されるのが通常ですが、交通目的に利用されるだけでなく、ちょっとしたデートスポットにもなっています。
第1旅客ターミナルでは、お土産を売る店舗やショップ、レストランが多数あり、ショッピングや食事を楽しむことが可能です。ここは「マーケットプレイス」「マーケットプレイスガレリア」と呼ばれています。その他にはフードコートの「東京シェフズキッチン」があります。「マーケットプレイスガレリア」には三越や高島屋の小型売店や高級志向のレストランがあり、百貨店のような雰囲気になっています。
また、国際線ターミナルビルには、江戸の町並みを再現した商業ゾーン「江戸小路」、「ハローキティジャパン」や「博品館TOYPARK」などがある「TOKYO POP TOWN」というショッピングエリアがあります。さらに、搭乗客のみに限定されますが国内最大級規模の免税店エリアがあり、シャネル、エルメス、グッチ、ブルガリ、ロレックスなどの有名ブランド免税店があります。
その他、羽田の名所としては「穴守稲荷神社」が挙げられます。同神社は商売繁昌などに御利益があるとされており産業界や芸能界からの参拝客も多いようですが、江戸時代には穴守という名前が性病から守ることに通じると考えられ、現代で言う風俗嬢から多くの信仰を集めたというエピソードがあります。現在は特に節分の日に誰でも参加可能な豆まきイベントが行われるため、多くの人で賑わっているようです。
羽田で行われる浮気調査や素行調査では、上記のような場所を対象者たちが訪れる可能性があります。

浮気調査も素行調査も対象者を興信所の調査員が尾行して調べるという点では同じなのですが、2つの調査で異なるのは浮気調査の場合、対象者の不貞行為について調べているということです。対象者不倫カップルに不貞行為がある場合は、その証拠を収集することが調査目的として最も重要です。
決定的な不貞行為の証拠として知られているのは不倫カップルのラブホテルへの出入りですが、羽田エリアではラブホテルが存在していません。仮に羽田を訪れた対象者や不倫カップルがラブホテルの利用を考えたとしたら、おそらく蒲田や川崎などの別の地域への移動が必要になるでしょう。エリア内では「ホテルJALシティ」「東横イン」などのビジネスホテルや「エクセルホテル東急」といったシティホテルがありますので、対象者たちが宿泊を考えている場合はそれらを利用する可能性があります。ラブホテル以外の宿泊施設や対象者の居住先でも不貞行為の証拠収集は可能ですので、お悩みの方は一度興信所にご相談されることをおすすめいたします。

このページの先頭へ