イメージ画像

田園調布 浮気調査

田園調布は、東京都大田区に存在し、世田谷区南部をわずかにまたいでいる地域です。東京都南部にあり、多摩川を挟み神奈川県と隣接しています。この地名は、かつて同地域に調布村が存在し、この地域に郊外住宅地「田園都市」を宅地開発した田園都市会社が設立されたことがきっかけです。その後、調布村が5つの区に分割され、田園都市地域が独立した一つの区になり、同地域にあった調布駅が「田園調布駅」に改称され、さらに後に地域名に採用されることになりました。
「田園都市」は環境の良い人気郊外住宅のはしりとも言え、主に中間層向けに理想的な住宅地を開発するというプロジェクトでしたが、環境の良さなど評価が高まり、同地域は次第に高級住宅地として認知されるようになりました。元プロ野球選手の長嶋茂雄氏が居住していることが有名ですが、その他著名人が多く居住するようになり、現在では石原慎太郎都知事や鳩山由紀夫元首相などが住んでいると言われています。1980年代には「弁がたつ、腕がたつ、田園調布に家が建つ」というギャグのネタになるなど高級住宅地の代名詞にもなりました。一方では環境保全のため、地元自治会により住宅の新改築などに関しては厳しい制限が設けられていたりします。また、同地域は大部分が住宅街で構成されており、発展した商業地域などは存在していません。興信所の素行調査や浮気調査において同地域を訪れるとすれば、対象者や不倫相手が比較的富裕層である場合、且つ、いずれかの居住地があるケースになると言えそうです。田園調布の名所に挙げられるものに「桜坂」が挙げられます。この場所は田園調布本町という住宅地の中にあります。住宅街の坂に約20本の桜の木が植えられている場所があり、もともと知名度のある場所ではありませんでしたが、歌手の福山雅治の曲「桜坂」が200万枚も売れる大ヒットになったことから全国的な知名度が生まれたと言えます。桜の本数はそれほどありませんが、上記の経緯から現在では桜の名所・デートスポットの一つとなっており、開花の時期には坂に渋滞が出来るほどの人気が見られています。同所の最寄り駅の東急多摩川線沼部駅から徒歩約5分、「さくら坂」と表記されている信号が目印になります。 しかし、この地域の名所と言えばやはり「田園調布駅」及び噴水を中心に、駅前ロータリーから広がる放射状・同心円状の道路網、街路樹の銀杏並木からなる街並みそのものと言えるでしょう。これはアメリカやイギリスの街並みのエッセンスを取り入れてデザインされたと言われています。関東の駅百選にも選ばれた洋風の旧駅舎は、1990年に解体された後、2000年に復元され、田園調布のランドマークとなっています。 ちなみにこの一帯では数少ない商業施設と言えるショッピングセンター「東急スクエアガーデンサイト」があります。同所には生活利便・良質などをテーマに、スーパーマーケットやカフェ、雑貨店などのテナントがあります。
 興信所の浮気調査や素行調査の対象者・不倫カップルは、田園調布においては上記のような場所を目的地とすることが考えられます。 興信所の浮気調査が素行調査と異なる点として、最終的な重要目的が不貞行為の証拠収集であることです。ラブホテルに出入りする対象者と不倫相手の様子の撮影、シティホテル・旅館などに宿泊する様子を撮影したものなどが証拠に該当します。 田園調布には高級・住宅地のイメージがありますが、多摩川を越えた近隣の新丸子界隈には複数のラブホテルがあり、田園調布近辺を訪れた場合はこれらの宿泊施設を利用する可能性はあるでしょう。また、対象者か不倫相手が単身や別居でこの地域に居住しているケースでは、その住居に二人で宿泊する可能性もありますので、その場合は住居への出入りの様子を撮影することになります。

このページの先頭へ