イメージ画像

高輪 浮気調査

高輪は、東京都港区にある地域で、約20000人の人口を有しています。地名の由来は、戦国時代の軍記物語においてこの地域が高縄原と書かれていることから「高輪」と名付けられた、もしくは鎌倉時代の歴史書である吾妻鏡に登場する高鼻和太郎に因んで「高輪」と名付けられた、とする説などが存在しています。江戸時代では別荘が多く建てられた土地であり、明治時代には皇族や財界人などが多く住みつくようになりました。その名残りの影響か、高輪は高級住宅地、との認識を持たれることも多い地域ですが、それらは現在はホテルや公共施設へと変わってきており、シティホテルが多い一帯であることも知られています。また、品川駅が近く、同駅一帯はビジネス街・商業地域となっており、京急グループの複合商業施設「ウィング高輪EAST・WEST」などもあります。興信所の素行調査や浮気調査において、対象者や不倫相手が高輪を訪れた場合は、ホテルに宿泊したり、ショッピングやデートなどで訪れる機会も多い街と言えそうです。
同地域周辺には、いくつかの由緒ある寺社が存在しています。その中でも代表的なものとされる「泉岳寺」は、江戸三箇寺と呼ばれる江戸府における曹洞宗の寺院の一つです。もともとは徳川家康によって造られましたが、その後、焼失してしまい徳川家光によって再建されました。同所には有名な「忠臣蔵」に登場する大名の浅野長矩や大石内蔵助などの赤穂義士が埋葬されており、境内には赤穂義士ゆかりの品を所蔵する赤穂義士記念館もあります。また、毎年4月初旬と12月14日に「義士祭」も開催されるなど、多くの参拝客も訪れる場所です。ちなみに付近にある「高輪大木戸跡」は交通遺跡です。江戸府の入口として造られた9メートルもある大木戸の跡ですが、江戸時代の商人である伊能忠敬が、全国を測量する際にこの場所を基点としたとされています。他では高野山真言宗の「高野山東京別院」があります。総本山金剛峯寺の別院として建立され、「高輪結び大師」とも言われており、仏と人、人と人を「結ぶ」場所との意味が込められているようです。同地域は西武グループのシティホテルが多いことでも知られています。代表格の「品川プリンスホテル」は国内最大級の客室数を有するシティホテルです。スイートルームがなくビジネス・レジャー客をターゲットにしており、宿泊施設や飲食店の他、映画館「品川プリンスシネマ」「シアターZERO」、水族館「エプソン品川アクアスタジアム」、ライブハウスなどのレジャー施設も充実しています。オリンピック日本選手団関係の公式行事にも使用される「グランドプリンスホテル高輪」、隣接する「グランドプリンスホテル新高輪」は大宴会場があり、プロ野球のドラフト会議や日本アカデミー大賞にも使用されることがあります。「ザ・プリンスさくらタワー東京」はプリンスホテル最上級ブランドのホテルで、エステサロン、スポーツジム、ネイルサロンなどの施設があります。同地域で行う興信所の浮気調査や素行調査では、上記のような場所に対象者や不倫カップルが訪れて調査地となることもあります。
興信所が行う浮気調査においては、素行調査と異なる点として対象者の浮気行為の有無の確認ももちろんありますが、相手がいた場合、不貞行為の証拠を収集することが最も重要になります。対象者と不倫相手がラブホテルに出入りする様子の撮影や、シティホテルなどの場所に宿泊する様子を撮影したものが証拠となります。高輪には西武グループホテルを始めとした複数のシティホテルがあり、同地域を訪れた場合はいずれかの宿泊施設を利用する可能性はあるでしょう。また、比較的富裕層の対象者や不倫相手の場合は単身や別居でこの地域に居住しているケースがあり、その場合はその住居に二人で宿泊する様子の撮影が証拠となります。

このページの先頭へ