イメージ画像

小山市 興信所 浮気調査

首都圏のベッドタウンとしても知られる小山は、栃木県の中で2番目に多い人口を誇っています。そのように人口が増加傾向にある小山ですが、市内では未だ開発が続けられているニュータウンもあるため、今後さらに人口増加が予想されています。小山は栃木県の南部では中心的な役割を担っており、また交通網も充実しています。

そんな小山では、郊外型の商業施設も作られています。そういった商業施設で浮気相手と仲良く歩くなんてことはしないだろうと一見思えますが、普段の行動範囲が小山市以外であればそれを生かして小山では浮気相手と思い切り羽を伸ばすということも考えられます。「イオンモール小山」や「おやまゆうえんハーヴェストウォーク」というショッピングモールは、地域住民の方にとってはショッピングを純粋に楽しむ場でしょうが、そんな中に浮気中のカップルも含まれているかもしれないのです。

小山というのは、東京からは栃木市や佐野市などへの玄関口であるため、東京からきた人が小山駅を利用するというケースも多くなっているはずです。比較的規模の大きい駅があれば、その周辺にはビジネスホテルもいくつか作られています。小山も例外ではなく、駅からのアクセスに優れたビジネスホテルもいくつか存在します。興信所の浮気調査では、もちろんそういったビジネスホテルの前でターゲットを待つということもあります。

興信所が浮気調査を行っていく中で、ターゲットの浮気が濃厚となっていれば、クライアントにその浮気の動かぬ証拠を提示することが浮気調査の真の目的となってきます。動かぬ証拠と言えるのは、やはりホテルに入る前と入った後の瞬間を押さえたものということになります。

また、興信所の浮気調査ではラブホテルの前に張り込むということも当然出てきます。国道沿いなど、車で行くのに適したところに小山のラブホテルがあることが多く、興信所としてもその情報には敏感になります。どこのラブホテルに行くかというのも、浮気調査を重ねていく中で見えてくるものですから、決定的な瞬間を押さえるまでの過程というのも興信所の浮気調査では大切になってきます。

小山は首都圏のベッドタウンとしても有名なため、ターゲットが浮気相手と共に首都圏から小山へとやってくるということも考えられます。興信所の浮気調査では、そういったさまざまな可能性や傾向というものを考えながら、浮気調査が進められていきます。興信所では素行調査も行っていますが、素行調査の場合はターゲットの普段の様子を報告するものなので決定的証拠を押さえる必要性がありません。一方で興信所の浮気調査の場合は、その決定的証拠が求められることとなるのです。興信所の浮気調査を重ねても浮気の気配が見られなければ話は別ですが、そうでないのならやはり決定的証拠が必要になるでしょう。

独自での浮気調査よりは、やはり興信所のようなプロ集団に任せると安心です。

このページの先頭へ